大学(知財・特許・技術)と企業のビジネスマッチング!

医療・創薬・福祉

ゴルジ体・リソソームを標的とした薬物輸送リポソーム

技術の構成要素

【研究の概要と特徴】
これまでに特定の細胞小器官を標的としたリポソームはほとんど報告されておりませんでした。本技術では、細胞膜を透過し、細胞小器官であるゴルジ体・リソソームに集積するリポソームを開発しました。リポソームは生体膜と同じリン脂質から構成される生体親和性の高い薬物輸送キャリアーです。このようなリポソームに、細胞膜透過能とゴルジ体・リソソーム集積能を付加したことにより、ゴルジ体・リソソームを標的とした薬物輸送システムへの応用が期待できます。

適用分野

特定の細胞小器官を標的とした薬物輸送システム用の薬物輸送キャリアーとしての応用が期待できます。

関連特許

特許出願中

技術の優位性(従来・競合技術との比較)

[従来の問題点]

  • ・従来の細胞膜透過ペプチドで修飾したリポソームは、細胞内に取り込まれた後に細胞質に移行するため、従来法では特定の細胞小器官を狙った薬物輸送を行うことは難しいと考えられていた。

[解決したポイント]

  • ・新しい細胞膜透過ペプチド(ポリヒスチジン:H16)でリポソームを修飾することで、特定の細胞小器官(ゴルジ体・リソソーム)にリポソームを輸送することに成功した。

開発の進展状況

参考図面

この案件に問い合わせる