大学(知財・特許・技術)と企業のビジネスマッチング!

情報(知識)工学

テキスト処理を用いた社会構造モデルの抽出

技術の構成要素

  • (1)ある概念(単語)をキーワードとし、それと関連の高い概念を逐次的に取り出すことで、概念間の関係を示すネットワーク図(社会構造モデル)を作れます。
  • (2)上記ネットワーク図は、大規模なテキスト群(新聞など)に対して自然言語処理を用いることで作成します。
  • (3)ネットワーク図において、ある概念を活性させた時に、その活性が伝搬し活性する他の概念を見出すことができます。

適用分野

抽出した社会構造を示すネットワークは、社会構造を分析する際に着目すべき概念の把握に役立ちます。
(情報処理を専門とするIT業界)

関連特許

特許あり

技術の優位性(従来・競合技術との比較)

[従来の問題点]

  • ・従来技術では、大規模テキスト群からの概念(単語)の取り出しの際に、 分析に不適切な概念が取り出されてしまう問題があった。

[解決したポイント]

  • ・大規模テキスト群からの概念(単語)の取り出しの際であっても、分析に適切な概念を取り出す新しい技術を開発した。

開発の進展状況

参考図面

下記ネットワークでは、「地震」→「津波」→「原発」→「事故」といった概念のつながりが取り出されている。

実際に誤用判定を行う実システムも構築しています。入力した文が間違った敬語と判定されたときには、「×不正解」という表示と正解例(赤のボックス)が出ます。

この案件に問い合わせる