大学(知財・特許・技術)と企業のビジネスマッチング!

資材・機械・技術

ドライアイスブラストを用いたCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の目詰まり抑制乾式研削法の開発

技術の構成要素

【研究の概要と特徴】
CFRPの乾式研削では、激しい目詰まりが発生し、早急に研削能力が失われます。
そこで、研削と同時にドライアイスブラストを砥石表面に作用させ、目詰まり切りくずを除去することで、砥石寿命を飛躍的に延長し、高能率で高品質な研削加工を実現する技術を開発しました。

適用分野

【想定される用途】

  • ・CFRP部品等の精密加工、量産加工

【技術の出口のイメージ・関連業界】

  • ・乾式加工を条件とするCFRPの精密研削技術の革新を実現します。
  • ・航空・宇宙、自動車産業界をはじめとして、本技術を広く活用できます。

関連特許

特許なし

技術の優位性(従来・競合技術との比較)

【産業界へのアピールポイント】

  •  CFRPの通常乾式研削に比べて、
      (1)研削性能が約20倍以上にUP!!
      (2)デラミネーションのない高品質な加工面!!
      (3)砥石の切れ味回復処理(ドレッシング)を行わずに連続乾式研削加工が可能!!

開発の進展状況

参考図面

この案件に問い合わせる