大学(知財・特許・技術)と企業のビジネスマッチング!

食品

小麦粉製品の食感や健康機能性を向上させる新素材「キチン・キトサンナノファイバー」

技術の構成要素

キチンやキトサンはカニ殻等に含まれる機能性素材であり、ナノレベルまで細かくほぐすと「ナノファイバー」を得ることができる。このキチンナノファイバーをパンに少量添加すると、小麦粉の使用料を約2割減らすことができ、さらに、食感を向上させることができた。これらの効果は、パンに限らず、麺類や菓子、天ぷら等の小麦粉製品全般に適用可能と期待される。
キトサンには、コレステロール改善、脂肪吸収阻害、腸内環境改善および抗菌性等の効果があり、同様の効果が表面をキトサン化したキチンナノファイバーにもある。そのため本ナノファイバーを添加することにより、肥満防止効果や、賞味期限の長い小麦粉製品の開発などへの応用が期待される。

適用分野

  • ・生地の膨らみや堅さ、食感などを改良・改質した様々な小麦粉製品、およびグルテン含有製品
  • ・減カロリーと肥満抑制効果を併せもった健康食品
  • ・減グルテンの小麦粉製品
  • ・キトサンの抗菌性を利用した賞味期限の長い小麦粉製品

関連特許

出願中

技術の優位性(従来・競合技術との比較)

[従来の問題点]

  • ・小麦粉製品の差別化や健康分野への展開。

[解決したポイント]

  • ・キチン・キトサンナノファイバーを添加することで、小麦粉製品の生地を改質することに成功。キチンナノファイバー、表面キトサン化キチンナノファイバーの健康機能性や、抗菌性を小麦粉製品へ付与することが可能。

開発の進展状況

参考図面

小麦粉製品の食感や健康機能性を向上させる新素材「キチン・キトサンナノファイバー」

この案件に問い合わせる