大学(知財・特許・技術)と企業のビジネスマッチング!

食品

バイオフィルム形成阻害によって虫歯を予防できる食品材料

技術の構成要素

先進国では肥満と並んで虫歯が健康上の大きな問題となっている。そのため、虫歯の原因となるバイオフィルム(菌膜)の形成を阻害する、安全性の高い物質(食品材料)が望まれている。
そこで、ポリフェノールのバイオフィルム形成阻害効果を試験し、虫歯予防効果のあるポリフェノールを明らかにした。また、この内いくつかのポリフェノールには、セロトニンを共通骨格として含むことを見出した。セロトニンは食品などに含まれる安全性の高い物質であり、従来のバイオフィルム形成阻害剤と組み合わせて利用することで、より高い虫歯予防効果が期待される。

適用分野

  • ・虫歯を抑制する食品材料(チューインガム、キャンディーなど)
  • ・虫歯を抑制する「歯磨き粉」

関連特許

出願中

技術の優位性(従来・競合技術との比較)

[従来の問題点]

  • ・より効果が優れた、しかも食べても安全なバイオフィルム形成阻害剤が望まれていた。

[解決したポイント]

  • ・ポリフェノールのバイオフィルム形成阻害効果を明らかにした。
  • ・安価な食品材料であるセロトニンにバイオフィルム形成阻害効果があることを明らかにした。

開発の進展状況

実用化を希望される企業からのコンタクトを希望します。

参考図面


この案件に問い合わせる