大学(知財・特許・技術)と企業のビジネスマッチング!

食品

魚類の鰓から軟骨を単離する方法

技術の構成要素

魚類(マグロ、ブリ等)のえらには軟骨が含まれています。本技術では、えらから軟骨を簡便で安全、安価に取り出す方法を提供します。
具体的には、まず、えらから鰓弁を取り出し、流水等で血抜きをします。
次に、鰓弁を有機酸(クエン酸)水溶液に浸漬すると軟骨が他の組織から外れてきます。外れた組織を取り除き、軟骨を単離することができます。

適用分野

食品(軟骨としての食材)、抽出成分による健康食品、サプリメントなど

関連特許

申請中

技術の優位性(従来・競合技術との比較)

[従来の問題点]

軟骨は食材のほか、II型コラーゲンやコンドロイチン硫酸、プロテオグリカンなどの機能性成分の原料として重要です。サケの鼻軟骨やサメ軟骨がよく用いられていますが、新たな原料が求められています。

[解決したポイント]

魚のえらは、魚体の1/10を占めますが、取り除かれ、廃棄されていた。これまで未利用であった魚のえらから簡便で、安全、安価に軟骨を単離することができる。

開発の進展状況

技術的にはほぼ完成している。商業化に合わせた製造方法については、若干の検討余地がある。

参考図面


この案件に問い合わせる