大学(知財・特許・技術)と企業のビジネスマッチング!

災害

河川の流れと河床変動の数値シミュレーション技術

技術の構成要素

普段私たちが目にする河川は、川底(河床)や堤防が砂や礫などの土砂で構成されており、洪水時には流れによってそれらの土砂が移動し、地形が変化する。これは「河床変動」と呼ばれ、例えば、河川弯曲部では外岸での河床の深掘れ、内岸での土砂の堆積といった河床変動が発生する。

また、構造物(橋脚・水制など)周辺では非常に複雑な流れが発生し、「局所洗掘」と呼ばれる深掘れ現象が発生する。これらの「河床変動」を予測することは、治水計画や河道計画を策定する上で非常に重要な役割を果たす。本技術では、このような「河床変動」を高精度に予測できる数値シミュレーションを可能とした。

適用分野

  • ・河川の洪水あるいは津波浸水氾濫解析への適用。
  • ・瀬や淵などのより良い河川環境の創出に向けたシミュレーションによる検討。

関連特許

  • 特許なし

技術の優位性(従来・競合技術との比較)

[従来の問題点]

  • ・3次元的な流れ場や、複雑な地形を有する場合には、高精度な予測計算が困難であった。

[解決したポイント]

  • ・3次元的な流れ場を含む河床変動計算が可能
  • ・複雑な地形起伏を有する場においても高精度な予測計算が可能
  • ・掃流砂、浮遊砂を含む混合粒径での河床変動予測が可能

開発の進展状況

ご要望に応じて協力が可能です。

参考図面


この案件に問い合わせる