大学(知財・特許・技術)と企業のビジネスマッチング!

産学連携事例 《1》

岡山大学では、あるアパレルメーカーより、製造工程で発生する端切れや回収ジーンズの再利用の相談を受け、従来の焼却処分に替えて、同大学農学部の研究成果を活用した花卉等の植栽マット製造を提案しました。

そして、1年間の共同研究を経て、人工土壌の製造に成功。

現在では、製造された人工土壌(マット型)を用いた壁面緑化が実用化され、アパレルメーカーの店舗や工場などに設置されています。
 
この産学連携による成果は、地球温暖化防止のみならず、環境緑化、建屋壁面温度の上昇防止、さらにはアパレルメーカーの企業イメージ向上に貢献しています。