大学(知財・特許・技術)と企業のビジネスマッチング!|産学連携サイト

農業

塩水でも可能!! 野菜の養液栽培(植物栽培法およびその栽培装置)

技術の構成要素

  • ・植物の根の一部をほぼ飽和水蒸気量の水分で満たされた空気中で栽培することを特徴とする植物栽培法およびその栽培装置。
  • ・養液栽培等において、対象植物の必須元素の一部または全部を通常の栽培範囲よりも高濃度に含有する養液、およびナトリウムやケイ素などの必須元素以外の物質を多量に含む養液を栽培に用いる場合であっても、植物の成育を妨げない植物栽培法およびその栽培装置。
  • ・養液中に塩類が高濃度に含まれていても、成育阻害を受けにくい植物栽培法および栽培装置。

適用分野

  • ・元は、砂漠で野菜を栽培するために考案した栽培法であるが、国内における植物栽培にも使える。
  • ・対象とする企業: 養液栽培を行う事業者(植物工場)。栽培装置を製品化・販売したい事業者。

関連特許

特許権あり

技術の優位性(従来・競合技術との比較)

[従来の問題点]

  • ・良質の原水が手に入らないところでは、養液栽培は困難。
  • ・肥料バランスが崩れた養液は使えない → 廃棄

[解決したポイント]

  • ・植物の根の上部からは、空気中の水と酸素を吸収させることで、塩水が混入したり、培養液の成分バランスが崩れたりしていても、養液栽培を可能にした。

開発の進展状況

技術開発は完了し、特許も取得した。企業等による事業化、製品化を期待する。

参考図面


この案件に問い合わせる